Blog&column
ブログ・コラム

施工管理のやりがいについて

query_builder 2022/06/01
コラム
33
仕事内容が幅広く、大変だといわれる施工管理の仕事ですが、その分やりがいもたくさんあります。
この記事では、施工管理の魅力についてお伝えします。

施工管理の仕事とは
施工管理の仕事は4つに分類することができます。

①工程管理
受注から引き渡しまでのスケジュールや進捗の管理をする仕事です。

②安全管理
工事現場の安全を管理する仕事です。

③品質管理
工事成果物の品質を担保するためのマネジメントをする仕事です。

④原価管理
工事にかかる費用を管理する仕事です。

4つはどれも大切な仕事で、一つが欠けただけでも施工は上手く進みません。
効率よく施工を行うためにも、施工管理の仕事は重要なのです。

施工管理のやりがい
施工管理の仕事は、施工の全てを担う重要なポジションです。
責任が大きく大変だと言われますが、その分やりがいも多い仕事です。

①達成感がある
建物が完成したときに大きなやりがいを感じます。
また、建物は人が暮らしやすくなるためのものです。
完成した建物に人が住んだり、お店ができたりしたときに社会の役に立っているというやりがいを感じます。

②スキルが上がると給料が上がる
施工管理は技術職なので、スキルに給料が直結しやすい仕事です。
施工管理技能士の資格を取得すると、給料が上がったり、転職に有利になったりもします。
手に職を持っていると、どこでも働くことができるので、安心ですね。

▼まとめ
施工管理は、責任が大きく大変な仕事ですが、その分やりがいも大きいです。
何もない土地に建物が出来た時は、完成した達成感と社会の役に立っていることを実感できます。
また、技術職なので職に困ることがなく、スキルによって給料も上がります。
未経験からでも転職は可能なので、本気で転職したい人はすぐに行動しましょう。

NEW

  • 施工管理技士1級と2級の違いについて

    query_builder 2022/08/01
  • 施工管理技能士の資格について

    query_builder 2022/07/15

CATEGORY

ARCHIVE