Blog&column
ブログ・コラム

作業服の洗い方

query_builder 2022/04/22
コラム
28
作業着は、私服と異なり様々な汚れが付きやすいです。
汚れを放置してしまうと、嫌な臭いがしたり、汚れが落ちなかったり、不潔な印象を与えてしまいます。
この記事では、作業着の正しい選択方法をご紹介します。

▼作業着を洗濯する際のポイント
作業着には様々な汚れが付きます。
私服と同じ洗濯方法では、汚れが落ちない場合もあるので、作業着を洗濯する際のポイントをお伝えします。

■毎日洗濯する
作業着には、日常生活では付きにくい油や錆び、泥などの汚れが日々蓄積されています。
汚れを放置してしまうと、落としにくくなり、嫌な臭いの原因にもなるので、毎日洗濯することを心がけましょう。

■汚れに応じた洗濯をする
汚れの種類によって洗濯方法は変わります。
私服と同じように洗濯をしても、泥や油などの汚れを落とすことはできません。
作業着に付きやすい汚れと洗濯方法は以下の通りです。

①汗汚れには、漂白洗剤
②油汚れには高温のお湯
③泥汚れには固形石鹸

▼作業着の洗濯方法
汗や泥・油など、どんな汚れにもつけ置き洗いは有効です。
やり方は、40度?60度のお湯に洗剤を入れ、2時間程度つけ置きをするだけです。
週末だけでも良いので、洗濯の前処理として、つけ置き洗いを取り入れることをおすすめします。
つけ置きをしても落ちない場合は、汚れの種類に応じた洗濯方法を試してみてください。

▼まとめ
作業着の汚れは放置してしまうと、臭いや汚れが落ちない原因になります。
キレイな作業着を保つために、週末につけ置き洗いを取り入れたり、汚れに応じた洗濯をしたりすることが重要です。
見た目では汚れが分からなくても、こまめに洗濯をして汚れを溜めないようにしましょう。

NEW

  • 施工管理技士1級と2級の違いについて

    query_builder 2022/08/01
  • 施工管理技能士の資格について

    query_builder 2022/07/15

CATEGORY

ARCHIVE