Blog&column
ブログ・コラム

作業着の下にインナーを着るメリットについて詳しく解説

query_builder 2022/04/01
コラム
25
作業着の下には普通のシャツを着ている方もいるでしょうし、何も着ていないという方もいらっしゃるでしょう。
実はインナーを着ると作業が快適になることをご存じでしょうか。
今回の記事では作業着の下にインナーを着るメリットに関して解説します。

▼作業着の下にインナーを着るメリット
■体温調整がしやすい
ジャケットやアウターのみだと気温の変化に対応がしにくく、天候や作業環境によって体温管理が難しくなります。
作業着の下のインナーは、季節ごとに適した生地のものを選べば体温調節がしやすいです。
商品によっては接触冷感でひんやりしていたり、裏起毛で熱を逃がさなかったりとアウターでは不足しがちの効果が期待できます。

■ケガ防止につながる
インナーがケガ防止の役割を果たすこともあります。
作業現場では、出ていた釘などに引っかかって作業着が破けてしまうこともあるはずです。
そのような時でも、下にもう1枚インナーを着ていれば、肌を保護してくれるので安心です。

■コーディネートを楽しめる
続いてのメリットは、コーディネートを楽しめることです。
作業着の形にもよりますが、インナーが少し見えるデザインの作業着もあり、作業着とインナーの組み合わせを楽しむことができます。
作業着とのコーディネートを考えて、インナーの色や素材・デザインのコーディネートを考えることで日々の楽しみが増えます。
それによって、仕事のモチベーションもアップするでしょう。

▼まとめ
インナーを着ることにより肌をケガから守ったり、体温調節をしたりとさまざまなメリットがあり、作業が快適になります。
さまざまな機能を備えたインナーが販売されていますので、自分にあったインナーをぜひ見つけてください。
株式会社長屋組では現在一緒に働いてくださる方を募集しております。
土木業での勤務経験等に条件はありませんので、ぜひご応募ください。

NEW

  • 施工管理技士1級と2級の違いについて

    query_builder 2022/08/01
  • 施工管理技能士の資格について

    query_builder 2022/07/15

CATEGORY

ARCHIVE