Blog&column
ブログ・コラム

橋梁工事の代表的な工法について詳しく解説

query_builder 2022/02/15
コラム
19
インフラ設備に非常に大事な橋の工事を橋梁工事といいます。
そこには、さまざまな工法が使われていることをご存じでしょうか。
今回の記事では、橋梁工事の代表的な工法に関して解説します。

▼橋梁工事の代表的な工法について
■ベント工法
最も使われている橋梁工事の工法です。
他の工法に比べて、工費も比較的に安くなります。
その理由としては、比較的に工期も短く仮設備も少なく済むためです。

■送り出し工法
地形や交通の条件から、橋梁化にベントが設置できない場合などに用いる工法です。
架設時の強度計算や補強など、桁制作前に多くのことを検討しなければなりません。

■ケーブルエレクション工法
桁下が流水部や谷部などのベント設置が難しい場所で、両岸に鉄塔やアンカーの設置が可能な場合に用いられる工法です。
鉄塔設備を移動式クレーンなどで組み立て、架線用の吊り設備を組み立てた後、鉄塔から張ったケーブルで架設部材を吊り下げながら架設します。

■トラベラークレーンベント工法
比較的工期が長く、仮設備も多い工法です。
橋梁の下にトラッククレーンが設置できない場合の工法として有名ですよ。

■フローティングクレーン工法
フローティングクレーン工法は別名「大ブロック式工法」と呼ばれております。
橋梁の大きなブロックを台船を使い河口・海峡に移動させる工法ですよ。

▼まとめ
橋梁工事の代表的な工法には、ベント工法・送り出し工法・ケーブルエレクション工法などが使われています。
現場の状況や、建造物の種類によって使い分けているのです。
株式会社長屋組では関市を中心とした地域で土木工事の依頼を請け負っていますが、現場作業員や施工管理技士を募集しています。
土木業でより高みを目指す方はぜひ応募をご検討ください。

NEW

  • 施工管理技士1級と2級の違いについて

    query_builder 2022/08/01
  • 施工管理技能士の資格について

    query_builder 2022/07/15

CATEGORY

ARCHIVE